ブログの閲覧者数を増やすには、SEOに効果的なタイトル(titleタグ)とすることが不可欠です。キーワード検索結果のページで自分のブログが上位に表示されれば、閲覧される可能性が非常に高くなります。上位に表示させるための対策がSEOです。検索サービス提供会社は上位に表示させるブログやサイトの条件を公開していませんが、タイトルの書き方が大きく影響しているという結果となっています。ブログのタイトルにはキーワード検索されそうな語句を複数入れることが大事でしょう。また、数字を入れたり解決策を述べるような表現にするのも効果的です。

SEOにおけるtitleタグの重要性

SEOにおいて、タイトルのライティングは何よりも重要であるとされています。ブログのtitleタグには検索ワードとなりそうな語句をいくつも使い、長くなり過ぎず30字程度にするのがおすすめです。また、先も述べましたが、数字を使うのも効果があります。漠然とした内容ではなく、根拠を持った記事だと見られやすいからです。閲覧者に解決策を提示するような表現にするのも大事でしょう。

ルール① キーワードは必ず入れる

ブログのtitleタグには、キーワードを必ず入れる必要があるでしょう。titleタグが、最もブログ内容を端的に表すものだからです。検索結果ページにも、各サイトのtitleタグが表示されます。そこにそのキーワードが入っていないブログが他を押しのけて上位に表示されることは、まずいないでしょう。(タイトルが対策通りのキーワードが盛り込まれていても記事の内容があまり価値のないものでしたら意味がありませんが)
記事の内容、そしてtitleタグであり、検索で使われるキーワードはそこに必須のものとなります。同じ語句をいくつも使うのではなく、検索キーワードに使われそうな語句を数種入れるライティングにするのがおすすめです。キーワードが長かったり端的に伝えきれない場合は、ある程度長くなっても構いません。

ルール② タイトルの文字数は決まっている?

ブログサービス提供会社を利用してブログを作成している場合は、titleタグの文字数はブログサービス提供会社の規定次第となります。wordpressなどでご自身で製作された規定がない場合は、30字程度までにしておくのがおすすめです。あまりに長いと閲覧者に敬遠される可能性があり、検索サービス提供会社もその可能性を見ていると考えられるからです。検索サービス提供会社は、検索する利用者を増やしたいと常に願っているわけですから、自社サービスを役立つものとしなければなりません。検索利用者が落胆しそうなサイトを、上位に表示させたくはないわけです。そのため、titleタグをむやみに長くするのは避けるべきでしょう。読み手のことを考えている場合は、そうしたライティングはしないからです。

ルール③ タイトルに具体的な数字を入れるメリット

titleタグに数字を入れると、検索エンジンに評価されやすいとされています。当たり障りのない漠然とした内容ではなく、根拠がしっかりとした記事を載せているブログであると判断されやすいからです。数字を見出しに入れるからには、何らかの調査が必要です。そのため数字を一切使わないブログ記事よりも、信ぴょう性があると見られるでしょう。もちろん、正しくない数字を使っている見出しも数多くあります。しかしその正しさは、ネット社会においては少し検索すればすぐわかることが多いです。正しくない数字をtitleタグに使ったら、リピーターはまず獲得できません。そのブログ内にあるバナーをクリックして商品を購入しようとする人も、いないでしょう。そうしたことから、普通は入念に調べて用いられていると判断されるはずです。

まとめ

ブログのタイトルをキャッチ―にライティングすることは大事ですが、目立つことを重視するあまりルールを無視するのは考えものです。根拠のない非難や大げさな表現および断定は、慎むべきでしょう。そうしたライティングのtitleタグだと、いかにキーワードを効果的に配置していても、検索結果で上位にならない可能性があります。そこに気をつけながら、注意を惹きそうなキャッチーな味付けにしていきましょう。そこが腕の見せどころとなります。ルールを守った枠の中でも、工夫次第で人目を引くことはできます。titleタグの中にキーワード検索されそうな語句を入れるのはもちろん大事ですし不可欠ですが、当然ながらただ羅列すればいいというものではありません。

SEOに効果的なtitleタグとするには、キーワード検索に使われそうないくつかの語句を用い、根拠のある数字を使い、閲覧者に解決策を提示するような表現にして30字程度にまとめると良いでしょう。そうすることで、検索結果のページで上位に表示される可能性が高くなると見られています。見出しはキーワード検索結果のページにそのまま表示されますから、titleタグがキャッチ―なものでないと、たとえ検索結果のページで上位に位置していても、クリックされない可能性があります。検索結果での表示位置は機械が決めているとしても、クリックするのは人です。

キーワードや関連キーワードに困ったら・・・
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

おすすめの記事