ハスラー用純正形状スポーツダンパーBilstein B6

私自身、ランクルやジムニーなど四駆ばかり乗り継いできて、新型ジムニーが待ちきれず、かつ所有していたランクルが高値で売れることを知り、当面の足代わりとしてハスラーを購入しました。
ハスラーのシャシーはワゴンRと共通で外観デザインは違いますが、内装などを含めてほぼ共通です。ジムニーは軽自動車で唯一のラダーフレーム構造なので、フレームを上げて、そこにボディが乗っかるので、コーナリングでロールはあるものの、ハスラーはものコックボディに対して強引に車体を上げているのでに純正の貧弱なショックアブソーバー、スプリングでは、走行中のちょっとした凸凹の突き上げは吸収するものの、ボヨンボヨンと上下に揺れる上に左右にもフラフラと揺れます。また車高が高いのもありますが、コーナーリングのロールがひどく、いわゆる普通の軽自動車の方が運転していて、安定しています。
そんな中でもビルシュタインB6のショックアブソーバーをオススメします!

ハスラーの車高をあげる場合は、相当な補強をしないと色々と問題が出てきますので、ご注意ください!

ハスラーは重心を下げて、足回りを見直しましょう

最近のスズキ車はデザインが上手だと思います。海外戦略も考慮されての影響ですかね。
ハスラーはモダンクラシックなデザインでオシャレですが、先にコメントしたように足回りが非常に貧弱です。純正はカヤバの量産品ですが、ジムニーよりも細いショックアブソーバーと無駄に長いスプリングでは、車酔いします。

そこで、私的にはハスラーはちょい下げして、ショックアブソーバーを強化することで普通車以上な乗り心地の良い車に変身しますので、オススメの商品をご紹介します。

まずは、貧弱なショックアブソーバーを変えるのが良いのですが、私自身色々なメーカーのものを試してきましたが、最終的にはビルシュタインのB6で落ち着きました。4WD用に設計されたようですが、2WDでも問題なく取り付け可能なようです。

開発者によるビルシュタインB6を取り付けたハスラーの試乗レポート

取り付けはプロショップにお任せしてください

私は、重心も下げたかったので、下げすぎない程度の純正より短いスプリングとB6やリヤのラテラルロッド、スタビライザーなどまとめて取り付けました。
ここでご注意したいのは、取り付けに関しては、必ずアライメント調整ができるお店でプロに取り付けてもらうことを強くオススメします。
ディーラーによっては補償のポリシーから取り付けを拒否されるところもありますが、スポーツカーなどのカスタムを得意としているお店では、アライメント調整などの機械はお持ちですので、そういったお店に相談してみましょう。

アライメント調整してもらって分かったことなのですが、新車購入して最初の頃、ショップでパーツ取り付けをしてもらった際、純正状態でアライメントが狂っていました。
素人でもジャッキアップなどすれば時間はかかりますが、取り付け可能ですが、アライメント調整は特殊な機械がないで精密にセットできません。アライメントが狂った状態でそうこうしていると、タイヤが片減りしたり、直進走行が狂ったりと安全に走るために障害が出てきます。

私がオススメするショップは埼玉を中心に東東京などにも店舗を持つ「KTS」でおなじみのカインドテクノストラクチャーさんです。
ネット通販でも商品を購入することが出来ますし、取り付け工賃込みでネットで購入すれば、商品が入荷次第電話もしくはメールで連絡が来て、パーツ取り付けの日取りを決められ、ネットから取り付けまで非常にスムーズです。
最寄りのリアル店舗にお住いの方でしたら(遠方の方でも)、電話でも非常に丁寧にエンジニアの方が説明してくださるので、これとこれを同時に取り付けられるか?など親切に相談に乗ってくれます。

おすすめの記事