アフィリエイトとは、インターネット上で行う広告代理店のようなものです。
つまり、紹介屋さんですね。個人で紹介する方もいるでしょうし、組織的に行なっている会社などもあります。
ご自身が作成したサイトやブログに、企業の商品リンクを貼ります。
ユーザーがあなたのサイトを経由してその商品を購入すると、紹介料として報酬がもらえるという仕組みです。
つまり、あなたは商品を持っていなくても、商品を紹介するだけで報酬が得られます。
これがアフィリエイトの仕組みであり、最大の魅力でもあります。
ただ、直接企業や商品のサイトにリンクを貼っても報酬は得られません。
報酬を得るにはASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれるにあなた自身が登録して、あなたが作成したサイトに紹介料が発生するリンクを発行していただく必要があります。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは?

  • どうやって紹介用のリンクをもらうの?
  • 報酬はどうやって受け取るの?
  • 自分で企業に頼まないといけないの?

と不安に感じるかもしれませんね。
そこで必要なのが、先ほどお話ししたASPと呼ばれるサービスです。
ASPに登録すると、何万という商品やサービスが登録されており、 その中からあなたが好きな商品のリンクを取得して、あなたのブログなどで紹介します。
紹介して報酬が発生するとASPでリアルタイムに確認でき、報酬の受け取りもこのASPが代行してくれるので、あなたは銀行口座情報を登録しておくだけで勝手に報酬が振り込まれます。(厳密には最低支払い額が決められていたり、振込手数料が引かれるなどASPの支払いルールーがあります)
つまり、ASPがあなたと広告主との架け橋になってくれるということですね。
ASPは誰でも無料で登録ができます。

アフィリエイトで報酬を得る方法

アフィリエイトで報酬を得るにはいくつかの方法があります。いくつかと書きましたが、色々な方法がありますので代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

アフィリエイトの媒体

  • サイトアフィリエイト
    サイトアフィリエイトはブログのようなサイトをインターネット上に作っていく方法。最近ですとオウンドメディアと呼ばれる、コンテンツビジネスの手法もあります。基本的にはブログ形式ですので文章や画像などを掲載して、アフィリエイトの商材を紹介していく方法です。サイトで紹介した商品やサービスを売ることで、定められた報酬が支払われます。
  • メルマガアフィリエイト
    こちらはみなさんが何気なく登録している、個人のメルマガなどがあるかと思いますが、そのメルマガ発行者が会員に対して、メールでオススメ商品を紹介したりして、直接アフィリエイトのリンクをクリックさせる方法やサイトに誘導したり、成果を発生させる方法です。こちらはメルマガを購読してメリットを感じられるように、心理的にメールアドレスを集める必要があるため、かなり高度な戦略を求められます。
    メールを送るタイミングやいきなり成果を発生させるようなメールを送るのではなく、ステップメールと呼ばれるようなリストマーケティングスキルも必要です。
  • Youtubeアフィリエイト
    もうご存知のユーチューバーになり動画を配信して、動画内の広告からアフィリエイトをしていく方法です。動画内に広告が表示されたり、クリックされたりすることで収入になります。文章が苦手な方には良いかもしれませんね。
    最近はVSEOなども注目されており、検索エンジンでYoutubeの動画を広告よりも上位に表示させるような手法で集客しているものも見かけます。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには大きく分けて以下のような種類があります。

①物販アフィリエイト

物販アフィリエイトとは、ある商品を自分のサイトで紹介してその商品リンクを貼っておきます。

商品リンクをクリックしたユーザーが公式サイトへ行き、そのまま商品を購入すれば購入金額の一部があなたの報酬になります。

アフィリエイトの基本とも言えます。

物販アフィリエイトのメリットとしては、紹介する商品数が多くて報酬単価も高い案件もたくさんあるので紹介しやすく、しかも稼ぎやすいです。

デメリットとしては、商品を購入してもらうまでの壁が高いこと。つまり報酬が発生しずらいということです。

②トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、名前の通り現在のトレンドを記事にするということ。つまり今話題の商品を記事にしたり、有名な芸能人の恋愛が発覚みたいな記事を書いたりすることです。

その時、話題の情報を記事にすることで、一時的に多くのアクセスが見込めます。

その為Googleアドセンスなどのクリック型広告との相性が良い特徴があります。

うまく嚙み合えばサイトが育っていなくても、早い段階で多くのユーザーが訪れてくれることになります。こうなると多くのアクセスを見込めるので、収益化することも比較的に早いというメリットがあります。

ただし、その流行が去った時アクセスが落ち込んでしまうというデメリットもあります。またアドセンス広告がメインな為、収入の伸びも多くはない。

③ECサイト系アフィリエイト

EC系アフィリエイトとは、雑記ブログと非常に相性が良いです。雑記ブログとは、私のようなジャンルジャンルに特化していないブログのことを言います。

知っての通り、Amazonや楽天、Yahoo!は多くの商品を売っているECサイトです。

生活用品から家具・家電など何でもあり、これらがほぼ全てアフィリエイト対象にできます。ここが最大のメリット。あとはクッキーと言われる再訪問制度の存在も大きいですね。

Amazonは24時間、楽天は30日間、Yahoo!(ヤフーの関連会社のバリューコマース)は60日間のクッキー(再訪問期間)があります。

例えば、自分のサイトのAmazonリンクからユーザーがAmazonに行き、商品を購入せず12時間後に購入したとしても報酬があなたに入ります。これは嬉しい設定ですね。分かりやすく言うと「足あと」みたいな感じです。

EC系アフィリエイトのデメリットとしては、報酬料率が悪いことです。つまり報酬がすごく少ないということです。

Amazonは約2%~8%、楽天は約1%、Yahoo!は約1%になっています。

④情報商材アフィリ

情報商材アフィリエイトとは、名前の通り「情報を売る」ということです。

情報商材は、物販とは違い現物がない商品のことなので、「物」ではなく「情報」を売ります。

インフォトップというASPが情報商材を多く取り扱っています。

例えば「仮想通貨の必勝法教えます」とか「FXで儲かるトレードの仕方教えます」などです。

良い情報商材もたくさんありますが、それと同様に悪質な情報商材も多く存在しているので、そこの良し悪しの基準や判断が難しいです。買う人にとって有益な情報であれば商品としての価値があるのですが、有益な情報でない場合、「詐欺」などと呼ばれてしまうリスクがあります。

ですのでアフィリエイト初心者には、おすすめしません。

情報商材アフィリエイトの報酬は比較的高額なものが多いので、正攻法を見つけることができれば、たくさん稼ぐことができます。

この情報商材アフィリエイトはメルマガアフィリエイトとの相性が良く、メルマガを発行している人の多くが情報商材を販売したり紹介している傾向が強いです。ただし、メールアドレスを集めるためにはご自身のサイトでファンを作り、信頼を高める必要があります。

⑤リスティングアフィリエイト

リスティングアフィリエイト(リスティング広告)とは、ご自身のお金を利用して、自分のサイトを検索結果ページの目立つ位置に表示して集客する方法です。

簡単にいうと、お金を使ってお金を稼ぐという方法。このリスティングには大きく分けて以下の2種類があります。

  • 「PPCアフィリエイト」…お金を払って自分のサイトをGoogleの検索キーワードで上位に表示してもらうこと。
  • 「スポンサードサーチアフィリエイト」…お金を払って自分のサイトをYahoo!の提携サイトに表示してもらうこと。

こういったお金を掛けて集客する方法が「リスティングアフィリエイト」です。

ご自身でお金を払って上位表示ということは、そのお金は広告費になります。検索結果に表示されるだけでは請求されませんが、ユーザーが自分のサイトをクリックしら、1クリックあたり○○円と請求が発生します。これはキーワードによって単価は変わってきます。またASPや広告主(報酬を支払ってくれるクライアント)によって、リスティングOKや一部OK、リスティングNGなどルールが決められており、そもそもリスティング広告を禁止しているものもあります。ここがデメリットです。

その代わり、SEOなどで時間をかけて集客せずとも、サイトを作って直ぐに集客できることが最大のメリットです。

またGDNやYDNなどのディスプレイ広告やFacebook、TwitterなどのSNSに広告を流すことも可能です。

まとめ

どんな人をターゲットにするのかを明確にして、意識しながらコンテンツを作るかが大切になってきます。ここを意識してコンテンツを作ることができれば成約率は格段に上昇するはずです。

「集客する記事の書き方」ではなくて、「成約する記事の書き方」を意識しましょう。

成約する記事の書き方ができれば、たとえアクセスが少なくても爆発的な収入を得ることも可能です。

また、ブログでアフィリエイトを取り扱うこともできますが、集客しなければ始まりません。私のブログのように雑記ブログですと一貫性に欠けるのでおすすめしません。
一番いいのは、一つのテーマに絞ってコンテンツを増やしサイトを育てるのが良いでしょう。ただ、特化型のブログはネタ切れに陥りやすいですが、内容の濃いユーザーメリットの高いサイトでしたら数ページでも集客できるでしょうので、どこまでユーザー視点でサイトを作るかが肝心です。

ユーザー視点に立つというのはブログに限らず、全て手法に共通して言えることです。

おすすめの記事